プロミスフリーキャッシングと目的ローンを比較

プロミスにはフリーキャッシングの他におまとめローン、自営者カードローン、目的ローンというローン商品があります。フリーキャッシングと目的ローン、比較してみるとどんな点が違うのでしょうか。

まず目的ローンは、教育資金や結婚資金などといったつかいみちの決まった方にさまざまな用途で利用してもらえるローン商品です。一般的に目的ローンというと、銀行でも「多目的ローン」などという名前で取扱われていますが、資金使途がわかるような請求書や見積書などといったものの提出が定められていますが、プロミスの目的ローンの場合には必要書類のなかに含まれていません。ただし、資金使途としては生計費に限るというように定められています。

金利・限度額はフリーキャッシングは4.5%〜17.8%の500万円、目的ローンは6.3%〜16.5%の300万円です。目的ローンは低金利な商品であることが分かります。例えば運転免許取得のための教習所代であるとかギャンブルなどといったつかいみち以外でしたら、この目的ローンを利用した方が利息負担が少なく済むのではないでしょうか。

確かにフリーキャッシングですと無利息期間のサービスもありますからその点はおトクですが、場合によってはこちらの目的ローンを利用することを検討してみてもよいかもしれません。目的ローンの場合、返済は口座振替が定められています。返済方法が選べないということはあるかもしれませんが、多くの方が口座振替を選択する場合が多い訳ですし、マイナス要素としては銀行の目的ローンと比べれば金利が高い、という点でしょうか。